三鷹剛柔館はやみ表

練習日時/練習場所

水曜日 18:30~20:30

場所:三鷹市下連雀周辺

金曜日 18:30~20:30

場所:三鷹市下連雀周辺

土曜日 17:00~19:00

場所:(西東京市)向台地区会館

 

月謝:他道場と比較してお安いです。

ホームページではご案内していませんので、下記からお問い合わせください。

三鷹剛柔館の特徴

三鷹剛柔館は昭和56年、三鷹の地に道場を開設して以来、今年で40年になります。

 

ここでは伝統空手の四大流派のひとつである剛柔流を修練しています。この剛柔流は他の伝統空手と比較して、対戦相手との間合いが近く、曲線的な動きが多い特徴があります。また、技の攻防に動物の動きを取り入れるなど、他流派にない動きがあるのも魅力のひとつです。

 

三鷹剛柔館は全日本空手道剛柔会に所属しており、剛柔会のしっかりと体系だてられた指導要領に則り、毎年8月に開催される全日本空手道剛柔会全国大会への出場を大きな目標として、3泊4日の夏合宿、週3回の練習などを通じて空手の技術の向上に努めています。

 

40年の長きにわたる安定的な道場運営の実績だけではなく、

 

□空手だけではなく、「基礎体力の向上を重視した練習」

 

□道場生によるハイキング、納涼会、クリスマス、夏合宿などの「家族的な道場運営」

 

□瀬戸口館長を筆頭に「指導者が率先垂範の稽古やイベント運営」

 

などの特徴をもつ道場となりました。

 

また、この道場の長い歴史の中で、過去2名の国体選手を輩出するなど、数多くの優秀な選手を育成しております。

三鷹剛柔館に入門して5年目の子供たちの昇段審査様子の抜粋です。後半に繰り出される空手の連続の蹴り技、スタミナは圧巻です。

活動日誌